「ギョーザ捜査」知らんぷり 中国政府の「安心実現」福田内閣

印刷

   <テレビウォッチ>冷凍餃子の中毒が中国内で発生したことが判明すると、前日の番組ではキャスターの小倉智昭が「本当に中国政府が日本に知らせたのか」と疑ってかかった。今日(8月7日)の話では、1か月前に中国側から知らされたのは事実らしく、福田首相も知っていたのだという。

日中の外交を重視?

   情報先進国の民主主義政府は、餃子事件に関してつかんだ重要な新事実を公表することはなかった。まるでどこかの隠蔽体質の理解しがたい国のように。その理由は「捜査上の問題などがあって、説明できない」(福田首相)そうだ。

   番組のキャプションは「政府が情報隠ぺい?」と打ったが、出演者を見る限り「?」をつける必要もなさそうだった。「どこが安心実現内閣なのか」と叫ぶプレゼンターの長谷川豊アナ。今日は小倉が大人しかった分、1人で盛り上がっていた。

   「これは福田さんが消費者よりも日中の外交を重視したと考えたらいいのか?」と小倉が首をかしげると、スキンヘッドに髭で仏頂面の岩上安身(ノンフィクション作家)がたたみかける。「外交というより、中国政府の安心を実現させたという感じだと思いますね」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中