2018年 7月 21日 (土)

「痛み止め飲んでもダメ?」 マラソン野口欠場

印刷

   <テレビウォッチ> 「4年間すべて北京で走るためだっただけに、今も走りたい、走ろうという思いは消えることはありません。しかし、現状を認識すれば、出場を断念せざるを得ません」

金メダルのための?

   野口みずきが送ってきたメッセージは悲痛なものだった。左足太股の筋肉損傷は深刻だった。笑顔の野口を写す画面が、何とも残酷に見える。なぜこんなことに、とだれもが思う。

   小柄な体格を補うために行っていたという過酷なトレーニング。JOCの金哲彦・強化コーチは。「けがをするかしないかの紙一重のところで闘っているので、大きなけがにつながったのは、運が悪かった」という。

   また、彼女のストライド走法は足に強い負担がかかるが、野口自身も先月末北京で、「本番をすごくイメージしてしまって、ペースがあがりましたね」といっていた。これについて金コーチは、「一種のオーバーワークだと思う。ただ、そうなるかならないかギリギリのところで闘っているから」という。

   だが、小柄な身体も、ストライド走法も、世界に通用することをアテネが示していたのだから。映像で見たスイス・サンモリッツでのトレーニングは、クロスカントリーのような山道を走っていた。下り坂を駆け下りる姿は、痛々しかった。そこまでするかと。

   スタジオにマラソンの谷川真理が出演した。「彼女のつらさがわかります。代表になってからの8か月間、想像を絶するトレーニングを重ねてきただけに」という。谷川も、かつてけがで大会を欠場したことがある。

   小木逸平が、「北京へ行くだけじゃなくて、金メダルをとるのが目的で、とって当たり前というのはハードですよね」

   谷川は「そう、金さんのいっていたぎりぎりのトレーニング。そこまでやらないと…」

   鳥越俊太郎が、「サンモリッツのトレーニングは金メダルのための?」

   谷川は「それはそうですよね。今日はここまでやった。もうちょっとという」「違和感があっても、重大なものかどうかは分からないんですよ」

   鳥越は、「バカな質問かもしれないが、痛み止めで切り抜けられないのか」

   谷川は、「微妙なところです。痛みが出ないこともあるが、それが致命傷にもなりうるし。この決断はしかたなかった」という。

   補欠はいない状態で、土佐、中村だけで臨む。野口はメッセージで2人に「重荷になるのが心配だが、ご健闘を心よりお祈りします」といっている。案外これが、2人にプラスするのかどうか。レースは17日の日曜日だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中