銀メダル「怪傑・太田」 帰国を拒否?

印刷

   <テレビウォッチ>父親の「ゲームソフトを買ってやるから」に釣られて始めたフェンシング。「快傑・太田」が欧州勢を連破し、フェンシングで初めてとなるメダルをもたらした。

   『朝ズバッ!』はTBS北京スタジオに、男子フルーレ個人で銀メダルを獲得した太田雄貴が生出演、滋賀県大津市の実家と電話で結び、歴史的な快挙を報じた。

   まず、大津市の実家。リポーターの「帰ってきたら一番最初に何をしたいですか?」に、母親が「ギューでチューです」。隣に座っていた父親が「帰ってこないぞー」。

   そこへ雄貴選手が北京スタジオに到着し、現地で取材中の高畑アナがさっそくインタビュー。「メダルの重みはどうですか?」に、「オリンピックのメダルを初めて見たのですが、重みは格別です」と。

   東京のスタジオからは柴田アナが「お父さんにテレビゲームのソフトを買ってあげるからといわれ、始めたのは本当ですか?」と。これに雄貴選手は「ハイ、スーパーファミコンです。今はやって良かったと思ってますが、当時は完全にウソをつかれました」。

   父親自身がフェンシングに憧れ高校時代に始めたものの、思うように戦績が上げられず、託した夢が末っ子の雄貴選手。

   で、父親の息子評……

   「ボクが辛い時にいつも希望を与えてくれた。家族にとっても心の支えになってくれる素晴らしい子供でした」

   託した夢が、何倍もの現実となって帰ってきたのだからベタ褒めも当然。昨日は、家族一同で「祝銀メダル飲み会」を開き、父親は「おいしいお酒を飲んだ」という。

   こう報告する父親に息子は「4年後は、もうちょっと美味しいお酒を飲んでもらうように頑張ります」と、うれしい言葉を。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中