「ビニールハウス」プールの特訓 松田が「銅」

印刷

   <テレビウォッチ>番組によると、200メートルバタフライで銅メダルを獲得した松田丈志(24)のあだ名は「ビニールハウスのヒーロー」。

すばらしい

   幼いころから、宮崎・延岡市にあるビニールで覆われた屋外プールで練習に明け暮れたのだ。そこで出会ったのが、ボランティアで教えていた久世由美子コーチである。今では松田の海外合宿にも同行し、食事の支度までする久世コーチは、「息子とはちょっと違うけど、男性コーチとは違って女性コーチだからやれる、そういう母親的な点は少しある。でも、コーチと選手という感じだったからここまで来られた」と話す。

   二人三脚でメダルを目指してきたのだ。表彰台を下りた松田は真っ先に同コーチに駆け寄り、表彰の際に銅メダルとともに受けた花束を渡した。

   その後のインタビューで松田は、「これが自分色のメダル」と粋なことばを発した。

   加藤浩次、テリー伊藤は「すばらしい銅メダル」と口を揃える。

   冨田リカは「スタート前、ほかの選手と並んでいるのを見て日本人ばなれしたスタイルにビックリした。体形の進化とともにこういう記録が生まれるのかなと思った」とコメント。

   アテネ五輪の200メートルバタフライ銀メダリストの山本貴司は、松田について「会うたびに大きくなっていた。腹筋、背筋、側筋という基礎的なところを重点的によくやっているのを見てきた」と言う。元々、抜群といわれたスタミナに加えてパワーアップを図ったのだろう。

   松田は時間を見つけては自分が育った「ビニールハウスプール」を訪れる。「ここが原点だと思っている。子どもたちが純粋に頑張っている姿を見るとパワーをもらえる……あまりいい環境ではなかったかもしれないけど、たくさんの人に支えてもらって競技を続けて来られて結果を出せたことは誇りに思う」(松田)。

   東国原知事は彼に対する県民栄誉賞の授与を検討しているそうだ。

 
文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中