「メダルゼロ」の日は来るか 日本男子柔道

印刷

   <テレビウォッチ>北京では、日本のお家芸である柔道で男女格差が目立っているという。女子はすでに4個のメダルを獲得したが、男子は現在までメダル1個(金)。まだ2階級残っているが、過去最低の4個を下回ることが確定してしまった。

日本男子の不振というよりも…

   番組では、オリンピックメダル予想家の小倉智昭と元柔道選手の井上康生がその理由を分析した。「柔道日本男子の不振というよりも、海外のレベルが高くなってるんだと思う」と小倉。「以前は強豪国がある程度限られていたが、今は全世界が強くなっている。1回戦から気が抜けない」(井上)のである。

   「これだけ柔道やる国が増えてくると、日本の発言権は(もう)強くないんでしょ?」と小倉が聞けば、「団体の会長もヨーロッパですし――いろんな部分で、これからも厳しくなってくる」と井上。

   「いろんな国の意見が入って、柔道も変わってきた。『一本取れ』ってだけでは勝てなくなってるんじゃ……」と小倉は懸念を表明。どうやら男子柔道はグローバル化の波に呑み込まれてしまったようだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中