2018年 7月 23日 (月)

ゴルフ 「男子VS女子」と「日本勢VS韓国勢」

印刷

   全英リコー女子オープン。不動裕理が最終日首位スタートだったが、結局2位に終わった。宮里藍も首位と2打差だったが、結局5位だった。優勝は韓国の申智愛。

   ゴルフ界で韓国勢はすごいパワーを見せている。組織だって強化に励んでいるそうだ。申選手はまだ20歳だが、とてもタフだった。パットが30センチだろうが5メートルだろうが、思い切ってバシッと打って決めていた。

   その点、不動選手は守りに入ったのが明らかだった。気持ちの変化が見てとれた。宮里選手は、結果は残念だったが成長しているのがよく分かった。力まず自分のゴルフを貫けたのではないか。これからも多いに期待できる。

   7月の全英ゴルフでは男子日本勢はさっぱりだった。日本勢は女子の方が元気があるし、見ていて面白い。ただ、攻める気持ちを忘れないでほしい。

      守ったら 必ず負ける 大試合

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中