「中国の2ちゃんねる」に見る 日本とのマナーの「違い」

印刷

   <テレビウォッチ>北京の小倉智昭キャスターが中国人のマナーについて大いに語った。その長編の前半ではマナー向上をある程度認めつつ、徐々に批判を展開する。必死で耳障りな大声援、相手のミスも喜ぶ姿勢etcetc。

2ちゃんの書き込みを見て…

   もうひとつ残念なことがある、と小倉は言う。「(有力選手が負けたときの)中国の皆さんの叩き方は凄まじいモノがありますよ。みんなボロクソに言いますし、2ちゃんねるの書き込みなんかを見ても、『なんで負けるんだ』『お前はなにをやってたんだ』という書き込みがありますから――」

   これはたしか、中国の話だ。中国語は(国名ですら)サッパリわからないと公言する小倉が、掲示板の書き込みを読んだのだろうか。中国の「2ちゃんねる」というのも聞いたことがない。

   メディアなどで見聞きしたことを、ついつい実際に見たように喋ってしまう、口を滑らせる――といったことは下々の者にはありがちだ。しかし、小倉といえば無謬にして不可侵で、その言葉には大いなるパワーと責任のともなうテレビキャスターである。たぶん中国にも2ちゃんねるがあり、それを翻訳して読んだのだろう。

   「日本人は『敗れた人たちにも拍手を』というのがありますからね」。文化人・知識人小倉はそう言って、中国人のさらなるマナー向上を促した。

   ところで、今一度日本の2ちゃんねるの書き込みを確認してみると良いのかもだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中