女子ソフトの奮闘 「星野ジャパンに見せてやりたい」

印刷

   <テレビウォッチ>「小倉さん、よくぞ言ってくれました!」。なぜ毎日そこにいるのか、はたまたいるのかいないのか――とくダネ!の謎のユーレイ部員こと芸能担当の前田忠明が同志に喝采を送る。

延長までいきません

   昨日(8月20日)、女子ソフトボールの日本代表がダブルヘッダーの末、決勝進出を決めた。それを見た日本代表応援団長の小倉智昭が「星野ジャパンに見せてやりたい」と言ったことに、「イライラしながら応援してる」(笠井信輔アナ)前田は溜飲を下げたらしい。「ボク、あれでスカっとしました」

   野球の星野ジャパンが弱ければ弱いほど、前田はアクティブになる。小倉にならって、毎朝田中大貴アナを叱りつける(田中談)だけでなく、トーク内容も小倉に似てきた。

   「タイブレークに持ち込まれないようにしなきゃ(云々)。オタオタしちゃってんだもん」

   ビールを20杯ぐらい飲んだかのように、話しかける対象も定かでないまま、見境なく喋り続けたが、小倉はそんな兄弟をやかまし(話が長く、小言が多く、聞いていてうるさい感じ、という意味である)そうに遮った。なにしろ他人の長話には厳しい男である。

   「大丈夫。だいたい明日(の準決勝)は延長まで行きませんから」。小倉兄は毅然として言った。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中