「バラマキ」と「賢い国民」の相性は…

印刷

   <テレビウォッチ>バラマキか財政規律か……補正予算案を巡り政府・与党内に溝が深まり、その背景には解散時期についての思惑の違いもある、とする毎日新聞記事を紹介した。

~ということでしょうか

   みのもんたは、浅野史郎・前宮城県知事に話をふった。大型補正予算の話が出るのは「景気を何とかしようということですか」。

   毎日記事は、福田康夫首相ら政府側は財政規律を維持するため、大型補正予算の編成に慎重な一方、麻生太郎・自民幹事長や公明党は「大型補正」へ圧力を強めている、としている。

   浅野は、景気対策の名目で大型補正を組むのは過去に「何度も通ってきた道」として、「しかし全然力を発揮しない」と、効果を否定した。そして、気になるのは外国からの見方だ、として「構造改革といいながら結局バラマキ」では、投資対象国として「十分でないと見限られる」ことが心配だと話した。

   みのは、現状は社会の構造にひずみが出ている、として「ただばらまけばいいもんでもない、ということでしょうか」とまとめに入ったが、浅野は「国民は賢くなってますからね」とコメントを続けた。以前はバラマキで「何かいいこと」があれば「(国民は、政府・与党に)拍手した」。しかし、現在では「本当に国のあり様」を考え、違った反応をするはずだとの考えを示した。

   「バラマキ」で「何かいいこと」がある「国民」ってどのくらいいるのだろうか。

文   赤坂和郎 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中