「枕営業」 都市伝説かリアルか

印刷

   「ねぇねぇ、仕事で芸能人とかにも会うんでしょ?」

   「まぁそうだけど」

   「あのさぁ、女優とかモデルとかがさぁ、プロデューサーとか偉い人と寝て仕事を取るって本当なの?」

   「さぁ~。どうだかね~」

   放送業界に入ってから、友人や知り合いに何度この質問をされただろう? 以前は、「○○さんって、整形なんでしょ」という質問も数多く受けたが、最近はネットが発達したことで、あまり質問されなくなった。

   しかし、こと"枕営業"に関する質問は、今でも尽きない。

   芸能界の都市伝説というか、この手の話は誰もが聞きたがることの1つらしい。

   「ねぇねぇ、○○ちゃん。事務所のためにもさ、我慢してホテルにちょっと行ってきてよ! お願いだからさ」

   「えっ、でも……私、そんなことするために、女優になったわけじゃありません!」。誰もいないような部屋の片隅。マネージャーさんに諭されて、涙する女優さん。

   こ~んなシーン、未だかつて見たことも聞いたこともない。

   情報社会の今、"枕営業"は五輪出場以上に難しいのかもしれない。噂が立つ、誰かに写真を撮られる……ケータイの写メも立派な報道写真となる今、情報が漏れたら、お互いが命取りになる。まぁ、1980年代やバブル期には、タレントに手を出す制作人も多かったらしいが……

   では、こっちの業界はどうだろうか?

   男の憧れの職場!? AV業界。

   私の友人に、以前エロ雑誌の編集をしていた男性がいる。編集とはいえ、撮影用にローションを作ったり、水着の裏地をハサミで切り取ったり、エロ度をアップさせる雑用などもしていたらしい。

   このアダルト業界こそ、"枕営業"がありそうではないかっ!

   素人同然、興味津津で聞いてみた。

   「んなアホな。彼女たちはセックスで稼いでいるから、そんなタダでセックスなんて、絶対しないっすよ」彼曰く、セックス=ビジネスなので、彼女たちとセックスしようと思ったら、仕事以上にお金が発生することになりかねないんだそうだ。AV女優の事務所も、そこはガードが固いらしい。

   「だってぇ~、仕事関係の人と、エッチなんてバカらしくてできな~い。これで稼いでんだし、タダでエッチはムリムリ。それに、プライベートでもエッチしたいって思わなくなってきてんだよね~」

   とは、あるAV女優さんから彼が言われた話。とほほ。

   なんでも仕事となると、大変だ。

   しかし、"枕営業"という単語があるぐらいだから、裏で脈々と受け継がれてきた営業方法なのかもしれないな。さて、この単語、未来にも残りますやら?

踊るオサムン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中