2018年 7月 20日 (金)

「五輪メダル予想」外した小倉のひと言は?

印刷

   華やかな北京五輪の裏側で、もうひとつの熾烈な戦いがあった。スポーツ紙デイリースポーツと「とくダネ!」の小倉智昭キャスターのメダル数予想対決である。

今回は完敗です

   オリンピック開幕前は、アテネ日本代表のメダルをほぼ的中させたと言いふらし、自信満々に今五輪のメダルを予想(金12、金銀合わせて23)して見せた小倉だったが、終盤になるにつれて、そのことはなにも言わなくなった。大物占い師の通例として、外れた(外れそうな)予言は忘れ去るのみである。

   それでも今日の放送では、笠井信輔アナから対決の結果(デイリーは金10銀9銅7で、ほぼ的中)を告げられると、晴れやかな表情で「今回は完敗です」と潔く認めた。外れた理由――低レベルな審判に不可解なストライクゾーン、情をかけ過ぎた選手選考、そしてたまたま偶然、運悪く調子が悪かったこと――などは口にしなかった。

   「次のロンドン五輪で勝負したいとデイリーさん書いてますけど――はたして、とくダネ!は4年後あるんでしょうか?」

   リベンジを誓う小倉が、次回はフリーのメダル予想家として、スポーツ紙に挑む!?

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中