2018年 7月 21日 (土)

何だ結局クイズもの? 志はよかったのに…

印刷

   <テレビウォッチ>テレビ東京の「和風総本家」。今回は焼き鳥がテーマだというので見てみた。焼き鳥好きなもんでね。

   この番組は、ことしの春の初回に見てこの欄でも取り上げた。このときは、日本っていいな、と思える話を集め、丁寧に説明していた。なかなかいいなと思って頑張ってほしいと書いていた。「ネタさがしが大変そうな気もするけど」とも書いた。

   それで今回の放送。丸山和也弁護士(参院議員)や地井武男、萬田久子らが出ていた。そしたらすっかりクイズもの・検定ものになっていた。それもテーマが焼き鳥だけでなく、仏像だとか和の職人芸とかまとまりがなかった。疑問一刀斎、とかなんとかいう浪人風の男が出てきて、ひょっとこの口を切ちゃえ、とかやっていたが、何の必要性があるのかよく分からなかった。浴衣着た外人も出てきたが、設定がよく分からない。

   初回みたときに、和のよさを丹念に調べて紹介しようとしているように見えたが、期待はずれだった。バラバラのテーマで闇雲にクイズをして、では見ている方はどうしていいか分からない。1時間ではなく、30分番組としてなら丁寧につくることができるかもしれない。発想は良かったと思っていただけに残念だ。

      頼むから クイズ番組に しないでね

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中