フェンシング「銀」太田「恋人に全然会えません」

印刷

   <テレビウォッチ>フェンシング人気がキテいる。北京オリンピックのフェンシング男子フルーレで銀メダルを獲得した太田雄貴選手(22)の活躍のおかげだ。

「まだ夢の途中ですよ!」

   番組VTRに登場した日本フェンシング協会の藤原義和事務局長は「世の中変えちゃったな」と、顔をほころばせていた。とにかく取材が多く、フェンシングを始めたいという電話が殺到しているという。

   そんな中、太田雄貴選手本人が「スッキリ!!」のスタジオに登場した。話題は「太田選手はモテないってホントなの?」。母親の妙子さんの証言によると、高校時代の太田選手は「若い子にモテなかった」。ただ、年配の、たとえばお友達のお母さんたちには大人気だったそうで、「食事に誘われたり、プレゼントをいただいたりと可愛がられていました」

   これに対して、加藤が単刀直入に「彼女はいるんですか?」と水を向ける。太田選手は「仲良くしてもらっている人はいます……」と曖昧な答えだ。が、番組の調べで「最近恋人に『遠い人になったのね』といわれた」という事実が判明。これは本当なのか? 加藤が改めて質問すると、太田選手はやや緊張した面持ちで次のように話した。

   「そうですね、ちょっと(なんて答えたらいいのか)難しいですけど。大学時代から1年半付きあっている人がいて、今、遠距離で全然会えてないんです……」

   「銀メダル」効果で沸いてはいるものの、個人的には思わぬ苦労があったみたいだ。若干テンションが下がりかけた太田選手に、加藤とテリーがフォローする。

   加藤「ごめんね。こんな変なこと聞いちゃって」

   テリー「まだ夢の途中ですよ! 次のロンドンも金メダル狙ってるわけだし」

   加藤「ごめんね。なんか急にテンション下がってきた?」

   太田選手「変な汗がでてきました」

文   島航平 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中