またもや農水大臣「事務所費問題」で苦境に

印刷

   内閣改造からまだ1か月足らず。就任したばかりの農水大臣にまた事務所費問題が発覚した。司会のみのが「過去(農水大臣は)3代続けて不祥事ですよ」と、この問題を取り上げた。

これ、誰でもやってること?

   「消費者はやかましい」発言で物議をかもしたばかりの太田誠一農水相。

   指摘されたのは、太田氏の政治団体名で2005年と06年の2年間、当時の政策秘書(現農水相秘書官)の自宅(東京都目黒区)を「主たる事務所」として届け出、事務所費のほか人件費、備品費、消耗品費など合計2345万円を計上していた。

   昨日(8月26日)の記者会見で太田氏は「問題は全くないと思っている。問題がないから『公開』してきたのです。すべて実際に支出した経費を計上しており、詳細な内容についてはいずれ示したい」と、領収書の公開を示唆した。

   しかし、番組スタッフが秘書の自宅を取材したが、事務所の表札はなし。近所の人の話では「7年間住んでいるが、家族以外の人が出入りしたのを見たことない」という。

   そこで番組は、届け出のあった政治団体「太田誠一代議士を育てる会」の右山昌一郎代表を直撃した。だが、右山氏は「カネ?秘書に任せてあり、支出など知らない。会は年に4回定期会をやって、太田代議士が国政に対しどういう態度で臨んでいるか聞くだけですよ」。

   経費のかからない議員会館に事務所を置きながら光熱水費を計上していた故松岡農水相。実家に実態のない事務所を置き、多額の経費を計上していた赤城農水相。補助金を不正受給して辞任した遠藤農水相。そして太田農水相と、止まるとことがない。

   みのが「これ、誰でもやっているということでは?」と疑問を呈した。問題のありそうな人物をわざわざは農水相に当てたわけでもないだろうから、こうも続くと、誰も彼もと疑いたくなる。

   毎日新聞論説委員の与良正男は「(秘書の)自宅に事務所を置くことは間違いではない。そこで何百万円という備品や消耗品を使った実態があったかどうか。おそらく無いでしょう。実態がないのに使いましたと書くのは虚偽記載、違法行為です。5万円以上の領収書は3年間保存することになっているのだから、それを出せば済む話。太田氏は出すと言っているのでそれを待ちたい」と。

   さらに与良は「問題意識がないところに問題がある。先の参院選で歴史的な大敗をした大きな要因が農水相の相次ぐ事務所費問題だった。その自覚が全くない。この政党助成金は、国民一人当たり250円ずつ税金から払っている。皆さん知っていますか」と怒った。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中