アフガン邦人死亡 「1000人超の村人が捜した」

印刷

   <テレビウォッチ>アフガニスタンで農業指導などにあたっていたNGOの青年が誘拐され、遺体で発見された。何ともむごい。怒りが湧く。

残念でなりません

   死亡が確認された(外務省発表)のは伊藤和也さん(31)で、おととい(8月26日)ジャララバードから農地へ向かう途中、武装した4人の男に拉致された。捜索の地元警察と銃撃戦があり、その際逮捕した1人の供述から、別の場所できのう遺体を発見したという。

   武装グループが、タリバーンなのかいわゆる盗賊の類なのか、くわしい経緯はわからないが、このところアフガニスタンの治安は急激に悪化していた。とくに外国人を敵視する傾向が強まっていたため、援助関係でも、スタッフを国外退去させるところが出ていた矢先だった。

   伊藤さんが所属するNGO「ペシャワール会」は、井戸掘り、農業・医療支援などで20年もの実績があり、地元民の信頼も得ていた。

   伊藤さんは静岡出身で、5年前からアフガンに入り、さつまいも、茶葉の栽培指導や水路の建設にあたっていた。現地語も覚えて現地の人と同じ身なりで親しまれていたという。事実、誘拐されたあと、付近の住民が総掛かりで捜索にあたっていた。

   それだけに、同会の衝撃も大きく、福元満治事務局長は、「彼の場合は使命感ではなく、住民になった感じだった」と惜しむ。また、父親の正之さんも、「家族みんなで、『がんばったね』といってやりたい」というのが、精一杯だった。

   鳥越俊太郎は、「最近のニュースに登場する若者には違和感を感ずることが多いが、こういう若い人がいるんだと、感動した」といった。「アメリカが戦争を始めたときより悪くなっているんだろうね」

   赤江珠緒も、「1000人をこえる村人が捜したといいます。残念でなりません」

   まったくだ。いまはただ、伊藤さんの勇気と情熱を誇りたい。それにしても、やったのはどこのどいつだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中