2020年 10月 20日 (火)

「最速」ボルトの走り 「スーパースロー」で分析

創業100年以上、大正製薬こだわりの品質。乳酸菌が入ったごぼう茶でいきいきとした毎日を。
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   1秒間に5000コマ撮れるハイスピードカメラなど、NHKが誇るハイテク撮影機器を駆使し、身近にある「モノ」や「できごと」のからくりを細部にわたって究明する「アインシュタインの眼」。今回は、北京五輪陸上100メートルと200メートル走金メダリスト、ウサイン・ボルトの走りを徹底分析する。

   男子100メートル走で、世界新記録9秒69を記録して金メダルを獲得したボルト。その背景には、196センチの長身を活かした、1歩で約2.7メートルという驚異的な歩幅があった。番組では、スーパースローでダイナミックな走りを分析。世界記録誕生の裏側に何があったのか、ボルトの強さの秘密に迫る。

アインシュタインの眼

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中