SPEEDの4人 「いい年のとり方」

印刷

   <テレビウォッチ>「スッキリ!!」コメント陣も自局の24時間テレビは覗いていたらしく、加藤浩次が「気になったコーナーは?」と振ると、一様に、再結成されたSPEEDを評価した。

いい笑顔でビックリ

   テリー伊藤は「水を得た魚の如くで輝いていた。4人がいい笑顔でビックリ。離れていてSPEEDの良さがわかったんじゃないか」と言う。

   番組によると、SPEED復活の背景は2つ。解散の前年、1999年の24時間テレビで、筋肉が衰えて行く難病と闘う少女に出会ったそうで、現在、21才になったその女性を勇気づけたいと考えたことが1つ。

   もう1つは、リードボーカル今井絵理子(24)の思い。彼女の息子(3)には聴力障害がある。それを告白した今井は、「私がふと歌ったとき楽しそうで、あ、歌っていいんだ」と思ったとし、「障害は不便だけど不幸ではない、ということをたくさんの人にも伝えたい」と、その気持ちを語る。

   3才の娘を持つという三船美佳は、「母親として勇気をもらった」と話す。勝谷誠彦は「いい年のとり方をしている。カッコよく年をとることは自分の責任なんだなと思った」と言った。この人は女性に対してはやさしいコメントをする傾向があるようだ。

   それはともかく、4人の表情には成熟した落ち着きが感じられた。10代のころとはひと味違うニューSPEEDの誕生といえるかもしれない。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中