2018年 7月 21日 (土)

不正採用センセイの「能力」 「欠如」してるのか「逆にいい」のか

印刷

   <テレビウォッチ> 大分県の教員採用試験汚職で、今年度採用された教員21人が不正合格だっだとして採用取り消しが決まった。それも本人が希望すれば臨時講師になれ、そう望む人もいる。

点数が足りなくて…

   しかし、その場合不正採用だった事実を児童・生徒と保護者に公表しなければいけないという。「子供たちから何を言われるか。保護者からもプレッシャーがかかる。これで良いのか」とリポーターの大村正樹は疑問を投げかける。

   「カネで資格取った先生だ、って(子供に)言われるじゃん」「点数が足りなくておカネで入った。先生としての能力が欠如してるってことでしょ」。司会の小倉智昭も口をとがらせ、カネまみれの偽装教師は辞めさせろと言わんばかり。

   ところが、コメンテイターの諸星裕・桜美林大学大学院教授は「先生としての能力に問題はない」のだと言う。数十人の枠に数千人の応募者が殺到する教員採用試験では、本来合格外でも、点数の差はわずかで能力の差はほとんどない。「逆に、こういう先生のほうがいい可能性はあるわけですよ(逆に頑張るから)」と力説していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中