日本に「中国毒ギョーザ」批判する資格なし

印刷

   <テレビウォッチ>大阪市の米粉加工会社「三笠フーズ」がメタミドホス等の『毒入り』米をばらまいていた問題では、汚染被害広がる一方だ。酒から菓子まで、とどまる所を知らない。司会の小倉智昭はあの冷凍ギョーザ事件との類似点を指摘した。

堂々と流通してた

   「日本から返品された冷凍ギョーザが中国の市場に出て、中毒症状が出た人がいた。日本人はあざ笑ったわけですよ。中国、そんなにヒドいのって」

   「そんなに甘いのか、っていうのはありましたよね」と納得の佐々木恭子アナ。

   「(ギョーザと)似たようなものが混入していた。それが中国と同じように堂々と流通してたわけですからね」。「堂々と」に力を込めて、怒りを露わにする小倉。一説によれば、『毒入り』ギョーザは市場に流通したのではなく、工場関係者が私的に横流ししたそうだが。

   「人体には影響のない範囲だと思われる」(農水省)ことが今回の救いではある。とはいえ、番組が取材した専門家の話では、子供や病気の人などには、到底安全だとは言い切れないそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中