2018年 7月 20日 (金)

事故米の食用転用 黙認されていたのか??

印刷

   <今週のワイドショー通信簿(上)>三笠フーズ(大阪市)による汚染米の食用転売は、焼酎・日本酒メーカーの商品回収騒ぎに発展した。2008年9月10日には、ほかの2社も目的外転売していると農水省が発表した。さらに一部の施設で給食用に使われていたことも分かった。

   「ピントはずれの農水省 汚染米対策『非難の嵐』」(朝ズバ、2008年9月10日)、「~『関係ないメーカーが迷惑』」(スッキリ、9月10日)、「汚染米の食用転売 『農水省は気がついてたと思う』」(とくダネ、9月11日)、「~『事故米』は廃棄したら?」(スパモニ、9月11日)などが紹介した。

   スッキリ通信簿は、番組が工業用に出荷される「事故米」の需要がどこまであるのか疑問を示し、小倉智昭が「ほかに転用されてるってこと」を「農水省は気がついてたと思うよ」と話したことを伝えた。

テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中