台風中継デビュー その散々な結末とは

印刷

   <テレビウォッチ>台湾で大きな被害をもたらした台風13号が沖縄・九州に接近しているとの報を受けて、番組のお天気キャスター、天達武史が9月15日夜、沖縄は那覇に入った。

意味ないよね

   番組キャスターの小倉智昭もかつて経験したというテレビ名物の中継――壊れやすいカサを持ちながら、強い風雨にさらされてよろめく――にはじめてチャレンジするためである。「意外と(はじめてなんですね)」と佐々木恭子アナもどうなるか興味津々。

   しかし、この気象予報士、どうも台風の行動を読み違えてしまった。台風は速度が遅く、勢力は弱まっており、沖縄到着は17日ごろになる予定だという。今朝(16日)、そよ風が吹き、薄日のもれる那覇市内にて、天達は長々と台風予報を喋り続けた。はじめての晴れ舞台は散々な結果に終わった。そして、すごすごと引き下がり、今日東京に引き上げてくるという。

   それを聞いてオグラは「帰ってきたら意味がないよね」とご立腹であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中