総裁候補の保育園訪問 報じるマスコミの「見識」疑う

印刷

   <テレビウォッチ>「口汚いアキバ系」?オヤジの独走で「消化試合」(番組キャプション)となりつつある自民党総裁選。泡沫候補はマスコミ受けを狙った選挙戦を繰り広げているようだ。

ついつい、やっぱり…

   保育園を訪れた石破茂・前防衛相は「怖くないよ」と言いながら子供たちににじり寄ると、「むかーしむかーし」と昔話をはじめ、最後は子供とWAになって踊った。石原伸晃・元政調会長は、やはり別の保育園で「ぽーにょぽーにょ」の独唱である。

   VTRが終わり、「なんで幼稚園なの?」とコメンテイターの高木美保が聞くと、これに答えたプレゼンターの笠井信輔アナ。「報道ジンは、毎日街頭演説ではニュースに取り上げない。幼稚園は変わってますし、石破さん、ちょっとおもしろかったじゃないですか。ついついやっぱり……(取り上げてしまうのを狙っている)」

   つまらないわかりにくい恐怖症な民放人の特性を明かした笠井だったが、ワイドショー出演者の高木は「おもしろいおもしろくないの問題じゃないでしょ」と嘲(あざ)けり笑う。

   番組ご意見番でテレビ評論家の小倉智昭も誰かを咎めるような目つきと口ぶりで言う。「今回の総裁選は各局、面白いところしかやってませんよね」。そしてチェアにふんぞり返ると、1人大きく頷いていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中