2018年 5月 22日 (火)

堂真理子アナ 「とうとうこの日が…」

印刷

   テレビ朝日の堂真理子アナ(26)が、担当番組「ミュージックステーション」の「卒業」について局のブログに書いている。

   2004年春から「ミュージックステーション」のサブ司会として登場した堂アナ。08年9月12日の放送を最後に、後輩の竹内由恵アナ(22)へバトンタッチすることになった。

   「とうとうこの日が来てしまいました…」と自身の最終日の放送に触れてブログを書き出した。まだ実感がわかないとしながらも、担当した4年半を踏まえ、不安や充実感、安心感、寂しい気持ちが「ごちゃ混ぜになっています」と表現した。

   「隣のタモリさん」については、「いつも優しく見守って下さいました」と触れている。

   以下、かなり真面目な分析とスタッフらへの感謝の言葉が続く。1300字超と結構な長さだ。堂アナはこれからは「一ファンに戻り」、ミュージックステーションを楽しもうと思っているそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中