海外でブランド買い付け あこがれと「悲惨」

印刷

   <テレビウォッチ>とある会社が出した「仕入れアシスタント募集」の新聞折り込み広告。海外でブランド品を買い付ける仕事で、日当と手数料が支払われる。交通費負担、食事、豪華ホテルの宿泊付き。

うまいですね

   「夢のような仕事ですが、やはり落とし穴があったようです」と笠井信輔アナ。自分のクレジットカードを使って、現地駐在員に指定された商品を数百万円分、立て替え購入しなければいけない。

   バイトはカードの与信限度額を目一杯引き上げて買い物していたという。当初は代金が支払われていたが、そのうち滞り、責任者は行方不明。70人以上に総額4億円以上が未払いで詐欺の可能性も浮上――。

   「いま(ブランド品は)海外で買っても、国内で買ってもそんなに価格差ないよね」。千里の目利きとして鳴らし、詐欺なんかに引っかかるほど間抜けじゃないよオレは、と自負してそうな司会の小倉智昭は、つまらなそうな顔でコメントする。

   だが、眞鍋かをりはオグラと対照的に目を輝かせながら言うのだった。「雑誌とかによく『バイヤーの○○さんが買い付けた商品』が載ってたりして、あこがれの職業。それをうまく使ったな、と思います。こうして見ると100%詐欺だけど……。うまいですね」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中