母逮捕「読めていた?」 福岡小1殺害

印刷

   <テレビウォッチ> 8時の番組オープニング。司会の小倉智昭が揚々と長話をはじめたとこへ、FNNニュース速報の字幕が「福岡・小1男児殺害事件で母親を逮捕へ」と冷や水を浴びせる。さらにオグラの話を遮って、佐々木恭子がこの事件に言及するなど、波瀾含みの展開である。

いったい、なんだったのか

   「こうなる可能性は、読めてたんですか?」。あまり気のない様子のオグラの質問に、取材を続けるリポーターは得々と答える。「第三者の犯行と考えると、納得のいかない点が多かった」。そして警察も母親の説明は不自然だと報道陣に公言するなど、早い段階から読めていたようである。

   残るは我が子を殺すにいたった動機の解明。この点では「仲の良い家族だったという話しか聞こえてこない」とリポーターも首を捻るばかり。

   「(動機は)いったい、なんだったのか――」。締めくくりに、事件における常套句を貼り付けたオグラだったが、その口ぶりには事件発生翌日に見せていたような熱はなかった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中