王監督の巨人に対する思い 「聞いてみたい」は不粋か

印刷

   <テレビウォッチ> 昨日(9月23日)、プロ野球パ・リーグの埼玉西武ライオンズは土壇場でリーグ優勝を逃し、今日以降へ持ち越しとなった。とくダネ!の司会者で西武球場年間シート保有者の小倉智昭は、「負けてよかったんです」と述懐する。

責任感という言葉が…

   なぜなら、同じ日に福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督が退任を発表。西武が優勝したとしても、メディアの注目はそがれ、スポーツ紙の一面も奪われてしまうからである。

   「王監督って、本当に素敵な紳士で、野球に対する取り組みも真面目。非の付け所(ママ)のない方なんですよね」と、オグラが通り一遍の誉め言葉を並べ立てると、他の出演者も続き、「こういう人こそ総理になってほしい」(高木美保)、「責任感という言葉がピッタリくる方」(佐々木恭子アナ)など、惜しみない賛辞が贈られる。

   しかし、これだけでは面白味に欠けると思ったのか、不粋という言葉がピッタリくる方は今更バナシを展開しはじめた。「あれだけ実績があったのに、巨人では監督で失敗して出されたわけですから、巨人に対する思いって、どういうものなのか、聞いてみたいよね。ホントの気持ちを」

   いくらしつこく聞いてみても、オグラ好みな、非の打ち所ある面白い返事は聞けないだろう。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中