2018年 7月 16日 (月)

「八百長・大麻あった」の元若ノ鵬 「証言」の動機に疑問符

印刷

   <テレビウォッチ>元相撲力士・若ノ鵬が爆弾会見を開いた。現役時代、八百長を強要されたり、大麻をやったりしている力士や親方がほかにもいた、などオドロキの内容。しかし、その場では詳しいことは明らかにせず、日本相撲協会が「週刊現代」を名誉棄損で訴えている裁判で証言するという。

ハッキリしてほしい

   番組は相撲協会側の言い分に時間を割くと、テリー伊藤もそのセンに沿って「最初に本人の大麻問題があっての告発だから、どうなのかなあって思ってしまう」と言えば、評論家の宮崎哲弥は「元若ノ鵬の動機の純粋性に疑いがある」。

   ゲスト出演のスポーツライター、二宮清純は「具体的な事実をちゃんとつかんでるのか、現段階では何とも言えない」とやや静観の構え。

   「八百長はないと言いつつ、『無気力相撲』があったり、グレーゾーンがある。ハッキリさせてほしい」と司会の加藤浩次。

   結局、「八百長告発」の行方は、「私自身が(八百長の)目撃者、証人だ」と言い切った元若ノ鵬が、裁判の場で何をどう具体的に話せるかにかかっている。いまのところは、神聖な国技における八百長の有無より、告発人をめぐるゴシップ的な憶測で楽しめばよいのだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中