2018年 7月 21日 (土)

芸人が熟女論バトル トーク力が試される

印刷

   <やりすぎコージー>毎回ゲスト(芸人)を招いて、レギュラーの今田耕司、東野幸治、千原兄弟、大橋未歩とともに爆笑トークや様々な企画を繰り広げるこの番組。深夜帯ならではの下ネタトークもおなじみとなっている。さて今回のゲストはサバンナとブラックマヨネーズだ。

   なぜこの2組なのだろうか。実は、サバンナの高橋とブラマヨの小杉は相方に同じような問題を抱えているというのだ。この時点では私は、この2組でしかもトークだけなので、正直ハズレ回かなと思っていたが、予想を裏切る面白さをみせてくれた。

   『2人とも性に対してアグレッシブすぎる』という指摘に関して、例えば、ブラマヨ吉田は若き19歳の頃、当時60歳だった女性を抱いたという。さらに100キロの女性をも抱いたと。

   これにはレギュラー陣からも驚きの声があがった。が、吉田は平然として、逆に年齢差41歳ということをあげて、「君たち」が今からそれを超えようとしたって到底無理な数字だと主張し、周りを圧倒した。

   サバンナ八木は、熟女好きの男性に対して「きれいな熟女は若い娘のパロディーでしかない!」と独自のパロディー理論(?)を展開し、スタジオを盛り上げた。

   特に今回、吉田が一般人とずれている自分の考えを恥じることなく淡々と語っているスタイルがとても面白かった。あやうく自分も納得してしまうところだった。

   この番組は、芸人の真のトーク力が試される場でもあるだろう。フリートークが苦手なキミ、これを見てスキルアップしてみてはいかが。

電気ねずみ坊や

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中