2018年 7月 21日 (土)

宮崎県民101人にきいた東国原知事の「進路」 「国政」派は…

印刷

   <テレビウォッチ>失言で国交相をやめた中山成彬議員が、次の選挙にも出ないといったことから、宮崎1区が生臭いことになった。後釜に名前があがったのが、東国原知事だが、これが何とも煮え切らないからだ。

大変なものですね

   きのう(10月5日)の日曜日、東京から宮崎と飛び回った知事は、いたるところでカメラの放列と同じ質問、「選挙にでるんですか?」にさらされた。なぜかといえば、「(出馬は)ありません」という一方で、「宮崎を代表して、国で汗をかけという、県民のみなさまの意向が把握された時点で」と、妙ないい方をしたからだ。

   アホか、先にいっちゃってどうする?

   いじわる「朝ズバッ!」は、早速県民101人にアンケート。知事にのぞむのは「県政」か「国政」かをきいた。結果は、101人全員が「県政」で、「国政」はゼロ。

   当然だろう。「どげんかせんといかん」で当選した一期目がまだ終わっていないのだから。「あれはウソだったのか」となるのは必定。

   だが、周囲はまことに騒々しい。自民党の菅義偉・選対副委員長は「知事が自民党から立候補していただければ、大歓迎」といい、これに民主党の鳩山幹事長は「福田さんも中山さんも途中で投げ出した。あなたも投げ出すのか?」と牽制する。ん? 東国原知事はいつから自民党になったんだ?

   末吉竹二郎は、「県民に推されれば、といったのは、下心が見え見え。出る意志がなければはっきりいえばいい。やっぱり動揺してるなぁと思う」

   杉尾秀哉も、「まだ1年半でしょう。1期4年くらいはやってというのが県民の思いなんでしょう」。

   みのもんたは、「ここまで存在感を大きくするのは大変なものですね」と何やら他人事みたいないい方。「ただ、どげんかせんと……の『せ』までもまだいってないかな」

   杉尾は、「タネをまいて、4年間で刈り取らないといけないから、タネまいただけで国政というのもちょっとね」という。

   末吉も、「結果責任が問われるまでは踏みとどまるべきです」

   みのは、「いずれにしても県民が選ぶことでしょうが」

   分かってるのかな。知事は一国一城の主。衆院議員は480分の1。どげんもこげんもできるものか。だいいち、もう宮崎にテレビ取材はこなくなる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中