相撲「八百長」告白 「不毛な論争」か「リアリティある」か

印刷

   <テレビウォッチ>空砲説もささやかれた元大相撲力士・若ノ鵬の八百長告発に「具体的な話がでてきてます」(加藤浩次)。今日発売の「週刊現代」で、現役力士の実名を挙げて、金銭の授受をともなう「八百長」を依頼され、行ったと暴露。八百長の相手とされる力士2人は完全否定しているという。

具体的な話がでてきてます

   これに対して、テリー伊藤は「言った言わないの話。領収書や録音テープとかの証拠がないので、不毛の論争が続いてしまうんじゃないかと思いますね」と気乗りしない様子でコメント。

   一方、コラムニストの勝谷誠彦は「正直言って、週刊現代の記事にはリアリティがある」と高評価。会話のやりとりなど、具体的なエピソードがあり、「小説家だったら考えつくかもしれないが、土俵だけで生きてきた彼が思いついたとは思えないリアリティがあるんですよ」

   日本相撲協会が講談社を名誉棄損で訴えている裁判にも、影響があると予測。もし元若ノ鵬が証人として記事のような話をすれば、「日本相撲協会の『八百長はまったくない』という主張は崩れる。まさに正念場になってきた」。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中