「衝動的」と「直後に保険会社へ連絡」の関係 福岡小1殺害

印刷

   <テレビウォッチ> 福岡市西区の小戸公園で起きた小1殺害事件を、阿部祐二リポーター探偵があらためて取材した。

犬飼ってる方はわかると…

   殺人と死体遺棄の疑いで逮捕された母は、「病気のお母さんなんかいらない」と息子になじられ、衝動的に首を絞めたなどと供述。しかし、逮捕後に判明した一連の新事実から、保険金目的の計画殺人の疑いが浮上している。

   凶器は、水槽エアポンプ用のホース。容疑者の説明では、自殺するために持ち歩いていたというのだが、長さ50センチと短く、自分の首を絞めるには向かない。また、犯行後、十数分の短時間で隠蔽工作を行っている点も計画性を疑わせる。さらに、病院で息子の死を知った直後に保険会社に連絡をしたという。被害者には、千数百万円の保険がかけられていた。

   「6歳の被害者は17~18キロ。亡くなって、ぐったりとしてますよ」と、テリー伊藤。続けて、なぜか犬の話に飛んだ。「犬飼ってる方はわかると思うんですが、死んだ犬を持つと大変ですよ」

   つまり、(犬でも人間でも)死体は重い。足腰の悪い容疑者が迅速に動かせるのか、という趣旨である。「共犯者がいる可能性もあるということですね」と加藤浩次が引き取った。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中