2020年 12月 2日 (水)

日本の古地図が「美しい」ワケ

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   谷啓がナビゲーターをつとめる美術番組「美の壺」。毎回1つのテーマを取り上げ、古伊万里やアールヌーボーなど、人々の生活を彩ってきたアイテムをいくつかの「ツボ」に絞って紹介していく。今回のテーマは「江戸の古地図」。

   江戸から明治にかけての古地図がいまブームだという。地図が日本で普及したのは江戸の中期。武士が付届けをする際に使用した「江戸切絵図」(江戸の住宅地図)がきっかけとなった。地図は日本人にとって実用品としてだけでなく、美術品としての価値も持つ。目的に応じた主観的な情報が1枚の紙にいかに「美しく」盛り込まれているかが求められてきたからだ。

   番組では、そんな日本の古地図の知られざる魅力を紹介する。

美の壺

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中