「江戸むらさき」野村浩二 相方の部屋は「漫画喫茶顔負けですよ!」

印刷

   お笑いコンビ「江戸むらさき」の野村浩二さんは、何年かぶりに相方の磯山良司さんの部屋に行ったと、2008年10月7日のブログに書いている。そこには2000冊近くの漫画本があり、「漫画喫茶顔負け」だった。

   何年かぶりに訪ねた相方、磯山さんの部屋は、相変わらずきたなかった。

「よく見ると、部屋の隅々にキノコ生えちゃってんじゃねーの?」

   山菜が採れるんじゃないかと、冗談も言いたくなるほどにきたない。パンパンになったゴミ袋が転がり、雑誌は山積み、洋服も畳まずにクシャクシャになって重なっている。「部室かよっ!」と思わずつっこみを入れる。

   ところが、この部室にもイイ所がいくつかある。2000冊近くある漫画本、充実したゲーム機の数々が置かれている。

「5年は余裕で引き込めるぞ!
漫画喫茶顔負けですよ!」

   野村さんが漫画本を覗いてると、近付いてきた「漫画喫茶」の店長、磯山さんはなぜかパンツ姿。

パンツ店長「なんか気になる漫画あるの?」
野村「多すぎてよく分かんねーなぁ~」
パンツ店長「お前、漫画読まねーもんな」

と、漫画を勧めてくれる訳でもなく、立ち去った。

   野村さんは約1時間滞在したそうだ。終電を逃した人、5年間くらい引きこもりたい人は「漫画喫茶・磯山に足を運んでみれば?」とオススメしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中