川島なお美の初体験 「なんの記憶もなし」

印刷

   女優の川島なお美さんが2008年10月8日のブログで、ある「初体験」について驚いている。ある日のこと。川島さんと旦那さんとの間には、こんなやりとりがあった。

「ねぇ、今度一緒に飲みに行こう」
「うぅーん」
「ね、飲もうよ」
「なんだかなぁ…」
「あなたの健康のためよ。一緒に飲も」

   しまいには「私のためにも…ね、お願い!」と迫ったそうだ。「飲む」とはいったい何のことなのか。実は、川島さん、「胃カメラ」を初体験したのだという。旦那さんがあんまり渋るものだから、一人で胃の検査に出かけたようだ。

   胃の検査ではふつう、バリウムを飲むか、あるいは、胃カメラを飲むかどちらかだ。これまで川島さんは、バリウムがどうも苦手だったという。「宇宙いち不味いヨーグルトみたいで…」。そこで、今回は胃カメラを使って検査。しかも、最近の胃カメラは寝ている間に終わってしまう、と驚いている。「なんの記憶もなし」とも。

   川島さんの旦那さんは、人間ドックさえも受けたことがないそうだ。そんな彼を思ってか、「先に私が胃カメラなんて怖くないのよ、と証明しました」と、のろけていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中