2018年 7月 18日 (水)

「東京」でサメがガバッと人の腕を!

印刷

   <テレビウォッチ>NHKハイビジョン特集。「暗黒の秘境 東京海底谷」で幻のサメ、ゴブリンシャークを追う趣向だった。

   ゴブリンシャークは、太古から進化せず変わらない姿らしい。カメラに納めようと、東京湾の水深300メートルほどのところにエサをたらし、待ち構えていた。なかなか来なかったがついに姿を現した。するとカメラマンの腕に食いついた! でも怪我はなかったようだ。いろいろ着込んでいたからだろうか。食べるときにアゴの部分がぬっと前に飛び出してくるという変わった動きをするので驚いた。頭部はヘラみたいな形をしていた。

   これまでも網にかかることはあったが、生きて動くゴブリンシャークの映像を撮ったのは初めてだといっていた。映像もきれいで面白かった。

   何でも三浦半島側に親がいて、千葉側に産卵のためにきていたようだ。陸から24メートルほどの所で急に深くなるそうで、こんな身近に深海があるなんて知らなかった。プランクトンも豊富でいろんなサメがいた。棲みやすいんだな。

   こんなサメを見たのは初めてだし、東京海底谷という深海が近くにあることも初耳だ。知的好奇心を満足させてもらった。思わず見入ってしまった。

      東京湾に 深い谷あり サメがうようよ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中