2018年 7月 20日 (金)

流血「タカトシ」トシ 番組収録時に事件起きた

印刷

   お笑いコンビ「タカアンドトシ」のタカこと、鈴木崇大が2008年10月12日のブログで、相方のトシ(三浦敏和)の身に起きた痛々しいアクシデントを紹介している。

   「トシがまたオデコをぶつけて傷をつくりました」。掲載された写真によると、トシのオデコのちょうど中心のあたりには、小指の先ほどの大きさの傷口が開いている。どうやら、テレビ番組の収録時に事件は起きたようだ。臨場感あふれるタカの筆致で、次のように綴られていた。

「セットに頭をぶつけて
ザクっ グチュ
とゆう 音とともに
断末魔の叫びが
スタジオにこだまする」

   「視野 せまっ!!夜のニワトリかっ!!」とすかさずツッこみを入れているタカ。だが、相方トシはここのところ、ツイていないことが重なっているという。そういうわけだから、「厄払いした方がいいかも」と、心底心配しているようだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中