流血「タカトシ」トシ 番組収録時に事件起きた

印刷

   お笑いコンビ「タカアンドトシ」のタカこと、鈴木崇大が2008年10月12日のブログで、相方のトシ(三浦敏和)の身に起きた痛々しいアクシデントを紹介している。

   「トシがまたオデコをぶつけて傷をつくりました」。掲載された写真によると、トシのオデコのちょうど中心のあたりには、小指の先ほどの大きさの傷口が開いている。どうやら、テレビ番組の収録時に事件は起きたようだ。臨場感あふれるタカの筆致で、次のように綴られていた。

「セットに頭をぶつけて
ザクっ グチュ
とゆう 音とともに
断末魔の叫びが
スタジオにこだまする」

   「視野 せまっ!!夜のニワトリかっ!!」とすかさずツッこみを入れているタカ。だが、相方トシはここのところ、ツイていないことが重なっているという。そういうわけだから、「厄払いした方がいいかも」と、心底心配しているようだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中