食事に薬物? 「まだ事件か事故かわからない」

印刷

   <テレビウォッチ>茨城・常陸大宮市の飲食店経営、寺門文男さん(74)宅で、謎めいた『事件』が起きた。10月12日のことだ。夕食を一緒に食べた4人のうち、文男さんの母、つるさん(95)が死亡、妻の美江さん(65)、大阪から遊びに来ていた姪の麻生幸子さん(33)が一時、重症、四男(24)がめまい、吐き気を訴えて入院した。重症の2人の尿から、通常、食物に含まれない薬物が検出されたという。

可能性ということで…

   高村智庸リポーターが報告した夕食の献立は、豆ごはん、団子、煮もの、湯葉の刺身、茶碗蒸し(鶏肉、エビ、マイタケ入り)。当日、寺門家ではお月見をしていたらしい。この豆ごはん、湯葉の刺身、茶碗蒸しに薬物が混入されたのではと疑われている。夜中に帰ってきて団子と煮ものを食べた文男さんが、なんともないからだ。

   毒物の専門家は、先に食べた人たちが、文男さんが食べるのを止めていないところをみると、食べ物が原因だという意識がなかったのでは、と推し測る。そして、混入されたとすれば、ペットの寄生虫の駆除に使う薬物などが考えられる、と言う。

   「警察は、つるさんの遺体を司法解剖し、薬物のくわしい鑑定を週内に実施する方針」(ナレーション)とのこと。

   鳥越俊太郎は「茶碗蒸しに入っていたマイタケが気になる。マイタケではなかったかもしれない」と、毒キノコを疑う。

   高村の取材によると、家の内外にトラブルがあるとは見えないそうだ。

   「なんらかのものが混入されてしまった可能性ということで、まだ事件か事故かわからないニュースです」と、赤江珠緒がまとめた。ごもっとも。 

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中