鈴木おさむ 妻「森三中」大島との出会いを語る

印刷

   お笑いコンビ・森三中の大島美幸の夫として知られる、放送作家の鈴木おさむが2008年10月14日のブログで、二人の7回目の結婚記念日であることを報告。二人の出会いとなった、きっかけを語っている。

   お笑いコンビ・ダイノジの大地洋輔が二人を引き合わせたという。鈴木が新宿の居酒屋で行われた、とある合コンに出席したときのことだ。

   この居酒屋の別室に偶然、大地と「品川庄司」庄司がいたらしい。鈴木は、庄司と親しかったこともあって挨拶する。大地とはこのとき、始めて言葉を交わしたそうだ。

   そうしたところ、鈴木と大地とは家が近所であることがわかった。2週間後には、コンビニでばったり会ったほどだ。そして、同い年でもある。こんなことがきっかけで、以来、二人は食事へ行くことが増えたそうだ。そして、妻・大島との出会いに至ったのだ。

「そもそも僕が合コンに行かなければ、
妻との出会いはなかったんですね。
不思議です。
その合コンではいい出会いはなかったのに
そこで出あった一人の男から、運命の出会いに
通じるわけです。
出会いってどことどこがつながるか分かりませんね」

   記念日の今日。結婚した当時の写真も掲載されている。大島は、なんと坊主頭。かたや、鈴木は金髪だ。この、異色とも思える組み合わせに鈴木は「すげー夫婦だな。なんだ、これ・・・と客観的にさえ思えてしまう」と、ぎょっとしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中