「堂々演技」の観月ありさ 「怖いもの知らず」といかない訳

印刷

   <テレビウォッチ> 日本テレビの新ドラマ「OLにっぽん」。観月ありさと阿部サダヲが出演する。「ハケンの品格」などの中園ミホ脚本作品だ。

   商社が中国への業務委託を進める中で、摩擦なりトラブルなりがあるんだけど、それを乗り越えていくという日中交流をナチュラルに描いている。始まったばかりだけど面白くなりそうだ。「本」がいいとやっぱり違う。テンポがよくて場面の切り替えも歯切れがいい。かなり上出来だ。

   観月ありさの演技も磨きがかかっている。コミカルさを出しながらしっかりした演技を見せてくれる。やりますな、という感じだ。ドラマ自体もハーフコミカルといった位置付けになるだろうか。観月ありさの上司役、浅野ゆう子と東幹久もなかなかはまっている。どう展開していくか期待したい。

   しかし、不安材料はウラ番組だ。水曜22時だと、NHK「その時歴史が動いた」、フジ「爆笑レッドカーペット」、テレ朝「報道ステーション」だ。TBSも久米宏をメーンに据えた新番組「久米宏のテレビってヤツは!?」をもうすぐ始める。これは激戦区で、視聴率の数字としては苦戦を強いられそうだ。でも、ドラマとしてとても楽しめるし、話の展開にも期待できる。がんばってほしい。

      激戦区 勝ってほしいと 祈るだけ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中