2018年 7月 19日 (木)

小沢代表「ネット出演」 みの「選挙向けパフォーマンス」

印刷

   <テレビウォッチ>きのう(10月19日)、麻生首相が新宿のスーパーを訪れて、売場を見て回って庶民感覚をアピール一方、民主党の小沢代表は、原宿でインターネットの生番組に出演して、若者に向けて、政治の役割などを語った。

みの:無理してやることないと…

   「朝ズバッ!」は、同じニュースを何度も繰り返すつくりで、その都度少しづつアクセントをずらしてたりするのだが、この朝はみのもんたの「麻生びいき」がますますあからさまに。

   早い時間で、小沢代表が上原さくらの質問に、「民主党政権になったら日本は変わりますか」「相当かわる」と。さらに「自分の1票で政治を作る意識が必要」と、選挙での投票を呼びかけた、というナレーション。

   これにみのは仏頂面で、「選挙向けのパフォーマンス。麻生さん、解散しませんよ、とガツーンといってやればいい。支持率が下がっているときは選挙はしませんと。麻生さんだって、やっと手に入れた総理大臣でしょ。ボクだったら絶対やめないけどね」。

   かと思うと、麻生首相が、新宿のスーパーで400円のカステラとマドレーヌ系1000円を買って、庶民派をアピールしたという日刊スポーツの記事。「主婦からは『お坊ちゃん育ちの麻生さんに、庶民の暮らしはわからない』と厳しい指摘も」というくだりに苦笑い。

   「麻生さんだと、何やってもこう言われちゃうだろうね」

   杉尾秀哉が、「内閣支持率が共同通信調査で6ポイント、毎日だと9ポイント下がってる。(このパフォーマンスも)解散総選挙をにらんでのことですが、決断できるかどうか。いずれにしても今月中ですよ」

   「でないと、11月30日にできなくなる。無理してやることないと思うけどねぇ」に、みんなも苦笑い。

   また、「道府県の不正経理」のニュースを読んでいた蓮見孝之アナに、「どう思う?」と聞いたりして困らせていたが、これだけはっきり言ってるんだったら、もっと思い切った方がいいかもしれない。

   「12道府県で不正経理が5億4000万円」に続いて、「なに考えてんだ、バカヤロー」。続けて「会計検査院が調べたところでは……」とやれば、視聴率アップは間違いなし。ワッと寄せられる苦情にはすべて、「それは、みのもんたさんが……」。バラエティーならできる?

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中