「ネコにしか聴こえない音」って?

印刷

   <テレビウォッチ>スッキリ!!といえば、構成・進行がちぐはぐで、落丁乱丁、誤字脱字だらけの本のような番組としても知られている。今日(10月21日)は「猫にしか聴こえない」という高周波着信音をスタジオで流すこともできなかった。

日々、努力しましょう

   「フルボリュームです。耳を澄ましてください」と携帯電話を持ったリポーターの山岡三子。再生ボタンを押すと、突然ニャアニャアと大音量でネコの鳴き声が流れた。「今のはね、間違えたんですよ」と言う山岡に、一同ガックリ。「今の音なら、誰だって振り向きますよ」と司会の加藤浩次。

   人間には聞こえないけど、じつはネコにはこう聞こえてます、という謎解き部分がなぜか先に流れてしまったのだった。「モスキート音とかネコの音とか、スタジオでやって成功した試しがないですね……日々、努力しましょう」と赤点の生徒を励ますように、加藤が言う。

   まあ、超低予算、ロー・マンパワー、ハードスケジュール下で制作されていると思しきこの番組。まるで鏡を見るようで、筆者としても同情を禁じえないところではある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中