ニコニコ動画は選挙変えるか 現在までの勝者は「この党首」

印刷

   マンガやアニメ好きで知られ、ネット掲示板の2ちゃんねるを高く評価するといった言動も手伝って、ネット上で人気があるとされてきた麻生太郎総理が2008年10月20日、動画投稿共有サイトのニコニコ動画上に「麻生自民党チャンネル」(専用ページ)を開設した。

   チャンネル開設にあわせて公開された40秒ほどの短い挨拶動画「麻生太郎総裁からのメッセージ」は1日余りで約20万回再生を達成。ニコニコ動画上の政党・政治家関連動画のなかでは異例級の数字で、総理の人気ぶりを証明する形となっている。

   この動画の冒頭、ソフトフォーカスな映像のなか、にこやかな表情で口を開いた総理は「麻生太郎です。ニコニコ動画をご覧のみなさん、こんにちは」と呼びかけ、「麻生のチャンネルはまだか」と期待する声が多かったこと、さらには「皆さんからいただいた質問に答えるなど、皆さんと一緒に作っていくチャンネルにしたい」と簡潔に抱負を語っている。

   これに対して視聴者からのコメントも3万件超と数多く寄せられている。「頑張ってください」「応援します」といった一般的なもののほか、外交や教育関連の政策、内閣人事、パチンコ産業、人権擁護法案などについての個別具体的な要望も鈴なり状態である。

   上々の滑り出しと言えそうな麻生チャンネルだが、栄枯盛衰の激しいネット動画界で今後どこまで人気を保てるかが注目される。

                               

OP・コンチーネ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中