独米の飛行機が「台風」に突っ込む その目的は…

印刷

   9月10日フィリピン沖で発生した台風13号。天気予報の進路図では中国大陸へ向かうと思っていた台風が、目に見えない「万里の長城」でもあるのか、直前で急に右旋回したのは記憶に生々しい。

国際プロジェクトによる「台風ハンター」

   実は、この進路を言い当てたのは今夏から始まったばかりの国際プロジェクトによる「台風ハンター」のデータ。このデータがなければ13号の進路予測はやはり「大陸へ直進」だった。

   今回は、この台風ハンターによる「台風の勢力や被害を予測する新時代の幕開け」(米国の気象学者)にせまった。

   温暖化の影響なのか、最近の台風は一度直撃されると、被害は半端でない。そこで、台風の進路や勢力の変化を、早く正確に予測しようと、日本の他、米、カナダ、ドイツ、韓国が参加して立ち上げたのがこの国際プロジェクト。

   8月末、厚木基地に到着したドイツの航空宇宙センターの気象観測機「ファルコン」が、グアムの米軍基地には米軍の気象観測機「ハリケーンハンター」が、飛行準備を整えていた。2機とも台風に直接飛び込み観測データを得ようと、台風発生に備えているのだ。

   日本チームを率いるのは気象庁の台風ハンター、中澤哲夫。「台風がどうして進路を変えるのか、徹底的に調べたい」と意欲を燃やす。

   台風の進路は、偏西風や高気圧など、周辺のさまざまな気象条件が絡み予測は尋常一様でない。スーパーコンピュータで11通りもの進路予測を行い、それに過去の進路と照らし合わせて導き出している。

   ところが、4年前の台風23号ではその予測が著しく狂った。沖縄沖で進路を急に右旋回、日本列島を縦断し95人の犠牲者が出た。

観測のツボに「カギ」が

   この苦い体験を基に中澤らが導き出したのは「台風が進路を大きく変える領域に、方向を左右する特定の風や気圧があり、進路に大きな影響を与えているのではないか」という仮説だ。

   この「観測のツボ」というべき、台風の急旋回しそうな領域に飛行機を飛ばし領域のデータを集め解析するしかない、というのが今回の研究のテーマ。

   で、その日がやってきた。冒頭のフィリピン沖で発生した台風13号。「ファルコン」と「ハリケーンハンター」が風速50メートルを超える激しい暴風の中を縦横無尽に飛び回り、気圧や気温を測るセンサー入りのゾンデ87個を落下させ、ゾンデから送られてくるデータを逐一受信した。

   その結果、13号の急激な進路変更の予報に成功した。従来の観測データでは、やはり中国上陸を予測していたという。

   国谷キャスターは「観測のツボのあたりに方向を決める何らかのカギがありそうで、ツボの想定がまずポイントになりますね?」と。

   このプロジェクトを主導している京都大の余田成男教授は「そのポイントを今後の研究で解き明かしていきたい」という。

   太平洋上で発生する台風がアメリカ西海岸の異常気象の原因だとする研究も同時に進められている。毎年、台風に苦しめられる日本としては成果を期待したい。

モンブラン

NHKクローズアップ現代(2008年10月20日放送)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中