病院用語「わからない」 「ショック」の「正しい」意味は?

印刷

   <テレビウォッチ>テレビ紙芝居「めくり斬り」。きょうは国語のお勉強、といってもお医者さんが使う言葉に、国立国語研究所が「もっとわかりやすく」と提言を出した、というお話。

妻に誤解されないよう

   確かに病院で、病状を聞いてもわからないことが多い。同研究所によると、国民の8割以上が、「医者の言葉が理解できない」「わかりやすく言い換えたり、説明を加えて」といっているそうだそこで「病院の言葉」委員会をつくって、言葉を洗い出した。

   ◆さて、第1問は、「頓服(とんぷく)」。言葉を知っている人82.6%、正しい意味を理解していた人46.9%(ホントかね?)。「すごい」とみのもんた。で、スタジオの与良正男と宮内正英にテスト。

   正しい答えはどれ? (1)痛み止め(2)解熱剤のこと(3)包装紙にくるんだ薬のこと。与良と宮内は、「3番でしょ」。

   みのが目隠しを順にとっていく。(1)× (2)× で、(3)もまた×。「あれ?」と2人。(笑い)

   みのは、「子どものころ、なにかあると、おじいちゃん、おばあちゃんは、『トンプク飲んどきな』といってた。これがヒント」

   正しい答えは、「決まった時間でなく、症状に合わせて必要なときに飲むこと」

   「頭いたいよ、トンプク飲め。お腹いたいよ、トンプク飲め、だった」

   ◆続いては、「ショック」。言葉を知っている94.4%、医療現場での正しい意味を理解43.4%。

   また3択だ。(1)急な刺激(2)びっくりすること(3)ひどく悲しんだり落ち込むこと。「答えるのやめよう」と与良。案の定、3つとも×。で、正しくは「血液の循環がうまくいかず、脳や臓器が酸素不足となる危険な状態」なのだそうだ。ホントに43%が知ってたのか?

   みのは「われわれ簡単に使いますよね、鏡見てショック、財布を見てショック、店に入ってちいママ見てショック」(笑い)

   最後にもう1つ取り上げた後、同研究所は病院の先生に、「わかりやすく伝える工夫」「誤解されないように明確な説明」を求めています、というのを受けてみのもんた。

   「わたしも『朝ズバッ!』をご覧のみなさまに、同じことを心がけております。要するに『妻に誤解されないよう明確な説明』を」と締めて「ワハハ」、イヨーッ、チョン。

   提言にはまだまだ沢山の言葉があるのを、3つだけでくくっちゃうテレビって、ホントいい神経してる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中