女子アナも喜ぶ 「親子」シャボン玉のつくり方

印刷

   <テレビウォッチ>シャボン玉を変幻自在に操る『バブルアーティスト』を番組は新宿コマ劇場に取材した。10月24~26日に日本初公演を行うファン・ヤンは、シャボン玉を芸術の域に高めるかたわら、スケールの大きさも追求していて、円周2.3メートルの世界最大の球形シャボン玉をつくるなど、16個ものギネス記録を保持している。

すごぉい!

   取材に当たった海附雅美リポーターが、その秘術をスタジオに持ち帰った。洗濯干し用の針金ハンガーを丸め、大きくつくったシャボン玉を宙に浮かせる。下から息を吹きかけると、シャボン玉の中に、次々と小さな新しいシャボン玉が生まれた。

   小学生~高校生キャラの葉山エレーヌアナは「うわああー、すごぉい!」と喜び、司会の加藤浩次も「これはいい!」と繰り返す。スタジオのバブル実演は好評を博した。

   ちなみに、「シャボン駅(ママ)」に、「コーンシロップ(水あめ)またはグリセリンを少量」、とろみが出るまで混ぜながら加えると、割れにくいシャボン玉が出来るそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中