篤姫人気の「お籠」に乗る某局 発想がさもしいぞ!

印刷

   <テレビウォッチ>篤姫が大活躍中だ。NHKドラマが好調で、あやかりたい、とばかりにクイズ番組などに引っ張りだこだ。

   テレビ東京の「新説!?日本ミステリー2時間スペシャル」は、篤姫が勝海舟の愛人だったという説を披露した。いまも残っている手紙も出てきた。松方弘樹が竜の声を出し、もう一方に虎もいて、信じるかどうかをゲストにきいていた。14代将軍家茂「暗殺」の話もあった。

   日本テレビの「日本史サスペンス劇場」でも篤姫を取り上げていた。明治16(1883)年まで生きた彼女が大奥を去った後どう生きたか、などを紹介した。江戸城を明け渡した後、家財を売り払いながら苦しい生活を送ったようだ。

   どちらの番組も説得力に欠けた。NHKの「その時歴史が動いた」と比べるとかわいそうかもしれないが、つくりがちゃちだった。ミステリーでもサスペンスでもいいが、もう少し重層的に論じてほしかった。思いつきレベルで言ってるだけでは、という気がして、「へえ~」とは思えなかった。

   話題の人物という意味で取り上げるのは仕方ない気もするが、他局の人気にぶら下がるという発想はさもしいともいえる。しかもちゃんと調べ直した、というすごみを見せるならともかく、いかにもお手軽に、という印象しかもてなかった。

      篤姫で 数字かせぎは 見苦しい

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中