上地雄輔 「若干ショック」な事実発覚

印刷

   日本テレビ系ドラマ「スクラップ・ティーチャー」に出演している上地雄輔は、共演する六角精児と父親の共通点を紹介している。2008年10月25日のブログから。

   六角はドラマで、上地が教師を務める中学校の教頭役を演じている。「丸顔なのに六角」「どっかの胃薬の名前みたいな響き『ろっかくさん』」と、おちょくる上地。ところが六角は芸名で、本名は山地克明だとわかる。

「今日初めて聞いて、違いすぎて笑いました。
ちなみにうちのオヤジは上地克明です。
若干ショックです」

   六角曰く、26年前に思いつきでつけた芸名で、後戻りできなくなった。上地は、「じゃーもしやり直せるとしたら芸名何にします?」と聞くと、六角は「みどりがめ和夫」と答えた。

「優しくて
楽しくて
名俳優で
素敵な
みどりがめ‥いや六角さんを
みんなもいっぱい応援してください!
本当に良い人だよ」

   今度、飲み放題800円の居酒屋に、連れていってもらう約束をしたそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中