「真実を語り…」番組のむかつく真実

印刷

「銀座の母スペシャル2」(TBS) 2008年10月22日 18時55分~

   新聞のテレビ欄に「渦中の藤田憲子が銀座の母にだけ真実を語り出した」と書いていたので、ついつられて見てしまったが、これがひどいのなんのって。
銀座の母というのは四柱推命と手相で見るおばさん占い師。その母の前に現われた藤田憲子。少しは憔悴しているかと思いきや、いつもながらの厚塗りメイク&若づくり全開ファッションでとくにヘコんでいる様子もない。
   いよいよ鑑定が始まったものの、憲子の字画が悪いので典子に改名したほうがいいとか、あげまんボクロがあるから夫が出世するとか、どうでもいいような話ばかりが延々と続き、やっと大相撲八百長疑惑の件に触れたかと思ったところで、プツンと切れてCMに。
   ま、CMまたぎでネタを引っ張るのはよくあることだからと待っていたが、CM明けに登場したのはまさかの杉田かおるとその母。その後も金遣いが荒いと言われ、突然、自分のクレジットカードをハサミで切り出したマルシア、亡き夫・ヒデのいまさらな浮気話をするロザンナ、夫・布施博の酒と暴力が離婚原因と言い出す古村比呂などなど、女性週刊誌が食いつきそうなエグい話ばかりが続く。
   ようやく、さっきの続きのVTRが流れたのだが、始まってものの30秒もしないうちに藤田憲子が「その話は他もみんなお断りしているので……」と言ってそそくさと立ち去ってしまった。
   さんざん引っ張っておいてそれはないんじゃないの。結局、八百長疑惑について語られることはなく、騙された気分だ。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中