泰葉のお騒がせ「すごい才能」 経済学者が評価する理由

印刷

   <テレビウォッチ>泰葉(47)は壊れてしまったのかもしれない。彼女のブログ騒動を気づかう母親の海老名香葉子(75)が、お詫びFAXをマスコミ各社に送った3時間後に、またしてもお騒がせFAXを出したのだ。

   「私は小朝氏に対し数百通の脅迫メールを送っていました。ここには書けない汚ない言葉のオンパレードです。私はあんたより大きくなってやる! 見ていろ!……私は自由に大空を飛びたい。私の今の偽りのない気持ちです」。正直といえば正直である。

   経済学者の森永卓郎は「支離滅裂だけど、最近の芸能界、お笑いの世界が常識のある人ばかりになっている中にあって、これだけメチャクチャな人は久しぶり。小朝さんは迷惑かもしれないけれど、高座に立ってマクラで『金髪豚野郎でございます』と入るだけで、つかみはOKになるから、落語界を活性化したのは事実」と積極的評価。

   落合恵子は「もうお嬢さんも40いくつなんだから、自分でやんなさいと、お母さまも背中を押すくらいでいいのでは」と正論。

   鳥越俊太郎は「芸能一家だからしょうがないのかもしれないし、テレビの人間はおもしろおかしく見ていたりするけど、本当はプライベートなこと。見えないところでやってほしい。なぜ、全部、マスコミで公開するのか不思議でしょうがない」と苦笑。

   山本博は「大きなストレスが離婚という形で解放されると、こんなにも大きく変えてしまうきっかけになるのかな、と思った」と分析。

   森永が「しょせん痴話喧嘩がスーパーモーニングのトップニュースになるんだから、すごい才能」と、最後まで支援。

文   アレマ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中