もつ鍋もびっくり? 博多「新ご当地鍋」の実力

印刷

   博多のご当地鍋と言えば、もつ鍋が有名。ビタミン・ミネラル・コラーゲンがたっぷりで女性に人気の鍋料理ですが、実は、博多にはそんなもつ鍋人気をも凌ぐと言われる鍋料理が存在するらしいんです! 

   「ブランチ」流に言えば、それはすでに「新ご当地鍋」とも呼べるもの。それは一体、どんな鍋料理なのでしょう。リポーターは、もりちえみ・森山愛子・谷ちあき。

最初は夏限定だった

いずみ田サイトには「元祖慶州鍋」紹介ページも
いずみ田サイトには「元祖慶州鍋」紹介ページも

   博多の「新ご当地鍋」、東京で食べられるお店は、2008年7月にオープンしたばかりの「いずみ田 日本橋室町店」。「いずみ田」は、地元博多では非常に有名なお店。博多の本格的な郷土料理が存分に食べられるお店でありますが、お客さんのお目当てはほとんど、その「新ご当地鍋」にあるのだとか。

   その正体とは「慶州鍋(1人前)1280円」。3種類の韓国味噌と日本の味噌2種類を独自にブレンドしたという「慶州味噌」を使用したお鍋で、スープの色は真っ赤。例えるならば「チゲを和風にアレンジした」お味ですが、「辛さは意外とマイルド」とか。「慶州鍋」は「いずみ田」完全オリジナルの鍋料理だそうです。

   この「いずみ田」秘伝の味を生み出したのは、博多にある「いずみ田」本店の泉田信行・大将。独特のピリ辛さとコクをもつこの「慶州味噌」は、「夏に食欲が落ちたときでも食べられる鍋料理」をコンセプトに試行錯誤の末、開発されたのだそう。「慶州味噌」スープの中には、鳥軟骨のつくねに豆腐、はんぺん、さらにアクが出にくいように薄切りにしたお肉が入っています。たっぷりとニラやほうれん草が入っているのも、「慶州鍋」ならではのはずせないポイント。さて、もりちえみが早速……

   もり「ピリ辛のお味噌に、甘いほうれん草の味がすっごいしいよね」

   続いて森山愛子が鳥軟骨のつくねを食べて、

   森山「コリッコリ! 韓国味噌のピリ辛じゃなくて、ブラックペッパーの辛味の方がつみれは強いですね」

   具材が、しっかりとした「慶州味噌」の味とマッチしたり、時に主張したり。そのバランスが絶妙なようです。

慶州鍋に「韓国麺」投入!

   最後は、そば粉を練りこんだ冷麺用の麺「韓国麺(300円)」で締めるのがイチ押し「いずみ田」流! 具材の味がしっかりとしみこんだスープの残りに、麺を投入してしばらく待ちます。麺がモチモチしているからスープがうまく絡まって、より「慶州味噌」の味が堪能できるそう。

   「夏に食欲が落ちたときでも食べられる鍋料理」として考案された「慶州鍋」。夏季限定メニューとして始まりましたが、あまりの人気ぶりに今では1年中食べられるメニューになりました。「いずみ田 日本橋室町店」の伊藤店長に取材すると、「実のところ、夏よりやっぱり冬の寒い時期の方が、人気がありますよね。体も温まりますしね」とのことでした。

   これからの忘年会のシーズンは特に、お客さんがもっと増えるそうなので予約はマストです! 忘年会の「オススメ」はコース。「いずみ田」名物の「活イワシの磯辺巻き(単品780円)」や、博多の郷土料理「ごまさば(単品980円)」なども付き、「いずみ田」の味を「余すことなく堪能」できます。

   ピリ辛の慶州鍋。みんなで囲んで、お酒を飲み交わせば、心も体も温まりそうです。

早稲田大学 綾リィ

*TBS系「王様のブランチ」(2008年10月25日放送)

いずみ田 日本橋室町店>
東京都中央区日本橋室町1-11-13大西ビル3F
TEL 03-3274-3955
(営業時間)
16:30~23:00 (L.O 22:00)
定休日 日曜・祝日
(気になるメニュー)
慶州鍋(1人前) 1280円
いずみ田鍋コース 2800円

●紹介された他のお店

<DINER TOMATO> 東京都目黒区上目黒3-16-13CLUBM2F
TEL 03-3760-4104
(気になるメニュー)
アロエ刺身 700円

銀座 國益
東京都中央区銀座4丁目10-14BF
TEL 03-3248-9244
(気になるメニュー)
國益おまかせコース 1万円

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中